西川が提案するトータルヘルスケアショップ

アサヒ メディカルウォーク シューズ

まだまだお暑いですが、暦の上では!!

秋といえばスポーツの秋!!

膝のトラブルを予防するアサヒのメディカルウォークシューズを履いてウォーキングで体力アップを目指して

みませんか!!

お値段は少し高めですが、履き心地がいいですよ (o^―^o)

 

 

ASAHI

旭メディカルウォーク

歩質アップ!ひざへの底力、歩きの質を高めよう

世界初の特許登録商品

 

 

 

 

 

 

ひざを守る 「歩質アップ」のポイント

  • POINT 1

    踵部に配置した
    スクリュー構造部分の働き

    スクリュー構造

    人のひざには、「Screw Home Movement(スクリュー ホーム ムーヴメント)」という働きがあります。これは、“ひざの正常な回旋運動”を表す生体工学用語です。踵が地面に着くとき、太ももの骨(大腿骨)に対し、ひざ下の骨(脛骨)が外側に少し回旋する動きをいいます。この動きにより、ひざへの負担を軽減し、安定性・支持性を確保しています。アサヒメディカルウォークは、健康なひざに備わっているこの仕組みを補助する世界初※の機能『SHMR機能』を搭載しています。
    ※世界初の特許登録商品として

  • POINT 2

    ひざ関節を守る
    理想的な歩行をサポート

    踵の着地時にスクリュー部のフィンが体重圧でたわみ、踏み込むとつま先をやや外側に回旋。ひざに備わった回旋運動を補助し、正しい歩行を促します。

  • POINT 3

    ひざへの衝撃を
    分散吸収しやすい構造

    踵から着地する際、踵から伝わる衝撃はひざの負担になります。SHMR機能はゴムの弾力で衝撃を吸収。さらに、スクリュー構造が体重圧を分散し、効率的に負担を軽減します。

    ひざには、通常の歩行時で体重の約2倍の衝撃がかかると言われています。階段の昇り降りは約3倍、走るときにいたっては、約5倍もの負担がひざにかかっています。※

  • POINT 4

    ひざを安定させる
    ももの内側の筋肉への働きかけ

    歩行時のひざを安定させ保護する役目を担うのは、ももの内側の筋肉(内側広筋)。スクリューホームムーブメントを促すSHMR機能は、ももの内側の筋肉を効率よく活動させ、正しい歩行へ導きます。

    ※着用時の使用感や経過には個人差があります。 ※アサヒメディカルウォークは医療器具ではありません。 ※「機能解剖から見た撮影 下肢編」安藤 英次著より引用 ※踵部のスクリュー構造は着地時にゴムの弾性でスクリューがたわむことで下肢の運動をサポートするもので、スクリュー自体は回転致しません。

 

 

スニーカータイプもございます。 ↓

 

 

 

 

 

ネーブルハウス箕面店では、他にも多数の靴を展示・販売しておりますので、

いつでもお気軽にご来店下さいませ。

お待ちしております(^^)

 

 

 

 

 

三田事業所

兵庫県三田市三田町54-5 ウェルズ石名105

電話番号 079-565-7716

 

奈良事業所

奈良県北葛城郡広陵町馬見北1-7-12

電話番号 0745-54-2061